水星逆行中は見直しのチャンス。

コダマ凜です。

あっという間に5月に突入です。
水星逆行は5月4日16時28分に順行に。
水星逆行は牡牛座初期から牡羊座の後半へ移動しておりました。

逆行中は連絡ミスや様々な見直しが表れるということがありますが
ついぞやろうと思っていたことをするなんていくことも
あるのかなと思います。
水星は4月10日から逆行して牡羊座24度16分で留となり順行へ。
留から順行への流れ中は物事が不安定とも言われる時期なので
しばらく様子を見れるかたは様子を見て開始しましょう。


水星は、通信やコミュニケーション、自分のことを表現するという意味での才能ということです。
どれだけよいことやよいものをお持ちでも
表現することが出来なければ、誰かにそのよいことは伝わりませんよね。
なんとなくその力というものは、発揮されるものでもあるので
誰かにとっての才能というのは自然と表現するスムーズなこととも言えます。


才能って誰かにその力を理解してもらったり
誰かに分かち合う、使ってもらうことで才能と呼ばれるようで
自分だけでほくそ笑んでいるような物は
才能とは言えないのかもしれません。
出来るだけ。
突出しているだけ。
なのでその力を相手に投げ出すための試行錯誤って
死ぬまでいるのねということで。それは愛情関係でも同じなのかなと思います。

なんとなく簡単にできるものは人は才能とは認めないというような
不思議な思いもあるようで。

水星逆行中は、通信、コミュニケーション、ツールなどの不調や不良事象が
起こり、なので改革を促されるという流れをとる可能性は多いことでしょう。
個人的な体験として、
前回の水星逆行期間中に携帯電話を乗り換えまして会社が変わりました。
いろんな面でとても節約にもなったのですが、携帯メールが使えなく自然となってしまった。
以前から携帯メールは拘束されてしまうので不便だなと思っていたので、
ある意味自然に使えなくなってしまったという。
復活はさせると思いますが、自然に思っていたことをしてしまった。

社会では、この水星逆行中の4月15日
JCBのカードが使えないという事象が起こっていたようです。
この日、4月15日は月が射手座、月の遠地点、そして魚座海王星と90度ということで
ちょっと気をつけるべき時ではあります。
そして宅急便、最大大手のヤマト運輸の構造改革ののろしが上げられた。
確かにお正月期間などの荷物の多さによって
配達員の方々の時間外労働などの問題も噴出し始めていたことですし、
そのタイミングは水星逆行中。
前回の水星逆行期間中からの今回の水星逆行中の構造改革という
流れをみることも出来ますね。

水星は月の感情、日々の行いを正すためにも使われる天体でもありますから
自分が生きやすく、楽になるための細かいすりあわせなども
含めて働く天体、水星君。


コメント